BABY葉酸ママのめぐみ妊活・妊娠中・産後までサポートサプリ

厚生労働省も摂取を奨励し、母子手帳にもその重要性について記載され注目が高
まっている「葉酸」。

葉酸って何でもいいのかと思っていました~

調べてみると 合成で作られたモノグルタミン酸型葉酸の方が 天然成分のポリグルタミン酸型葉酸よりも
吸収率が倍あるので、しっかりとお腹の赤ちゃんに 葉酸の栄養を届けることが出来るようです。

だから厚生労働省でも モノグルタミン酸型葉酸を推奨しているようです。

【BABY葉酸~ママのめぐみ~】は もちろんモノグルタミン酸型葉酸を配合しているから
赤ちゃんにしっかりと栄養を届けることが出来るから私は安心して ママ活を始められる。



厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型葉酸を
推奨量の400μg配合

カルシウム・ビタミン・ミネラル
鉄分や植物酵素など体に良い成分を
他の葉酸サプリよりも高配合

美容成分もたっぷりで ママ自身のキレイをママ活中もサポート

赤ちゃんと自分のことだから安心が1番

無添加やGMP認定されている国内工場で
医薬品レベルの厳しい品質管理の元で
安全に製造しているから安心

『BABY葉酸~ママのめぐみ~』は
妊活中から妊娠中、産後まで
赤ちゃんとママさんのことを
妊娠経験者の声を元に作られた葉酸サプリ



妊活・妊娠中・産後までサポート 【BABY葉酸~ママのめぐみ~】





妊娠は母体の過ごし方や精神状態に変化を与えるので、その変化が身体にとってストレスとなり、自律神経がバランスよく働かないこともありえます。
多くの方に起こるつわりは、妊娠初期にホルモンバランスが変わることや、毒素を排除しようとすることから生じてくるのですが、自律神経のバランスが崩れて起こる場合も少なくありません。
ビタミンとしての葉酸は、神経系の働きを整える重要な働きをしているので結果的につわりを軽くする効果があるとされます。
早くお母さんになりたかった私は、その手の本やサイトを調べたところ、妊娠前からサプリメントなどで葉酸をしっかり摂れば胎児がすこやかに発育するのには最も良いと、共通して書かれていたため、妊娠に向けて葉酸サプリメントを飲むことにしました。
後で、妊娠何週目まで葉酸を摂った方が良いのか確認しました。
過剰摂取だけ気をつければ赤ちゃんの発育にも母体にも、葉酸はずっと必要だと書いてあったので、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。
栄養素の中でも、葉酸を妊娠初期に摂るのが良いと、広く知られていますね。
実のところ、妊娠1ヶ月前から少しずつ葉酸を摂ることがおすすめだともうご存じでしょうか?妊活を考えたときこそ生活の中で葉酸の摂取を心がけて欲しい絶好のタイミングです。
さて妊活を、と思ったら意識して葉酸を摂ることから始めましょう。
赤ちゃんが母体内で健康に育つために、葉酸は必要だと誰でも知っていますが、実は、妊娠前から葉酸を摂れば、受精率や着床率が上がるといわれているのです。
受精から着床を終えるまでの間に細胞分裂が盛んに行われるため、このときこそ葉酸が必要とされるのです。
従って、妊娠するまでにも葉酸は必要ですし、胎児が健康に育って、無事に生まれてくるためにも出産まで必要になってくるものですから、子作りを決めてから授乳が終わるまでの期間、欠かさず葉酸を摂ってください。
生まれてくる赤ちゃんの健康のために、葉酸は多めに摂ることを妊娠初期から心がけるべき、重要な栄養素なのです。
サプリメントやビタミン剤を扱うほとんどのメーカーで主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、注意しなければならないのは、買うときに何が入っているのか全て見ておくことです。
普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なので極力、添加物や香料を使っていない体に害を及ぼさない製品にしましょう。
不妊症があったうえで妊活を行うという場合、妊活が長くなってくると、精神的に疲れてしまいます。
なので、「何年間」と期間を設けて、徹底して夫婦で協力して頑張っていこうという感じで最初の段階で話し合っておくのがベストでしょう。
妊活を続ける期間を決めておけば、2人で考えて出した答えだから諦めずに取り組もうという前向きな気持ちが続くでしょう。
全ての妊婦から見て、いろいろな栄養が必要ですが、中でも葉酸は大切です。
葉酸という名の通り、葉物を中心とした緑黄色野菜に豊富に含有されており、食材の中で特に多いのは枝豆、ほうれん草などでしょう。
中でもほうれん草は葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も豊富に含んでいるため、積極的に食べたい野菜の一つです。
本や雑誌、ネット上などいろいろなところで聞くようになりましたが、葉酸は妊娠中に必要なだけでなく、授乳している間も摂って欲しい栄養素なのです。
赤ちゃんは生まれてくると、盛んに細胞分裂を進めながら人としての発達を遂げるのです。
いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。
加えて、葉酸は母体の回復や授乳のためにも欠かせない栄養素とされ、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、赤ちゃんが欲しいと思ったときから、赤ちゃんが母乳を飲み終わるまでぜひ葉酸を摂り続けて欲しいと思います。
お腹の中に赤ちゃんがいるとわかった直後から葉酸サプリを購入して飲み始めました。
かかっていた病院では、葉酸はすぐにたくさん摂りなさいとせき立てられたのですが、では、いつまで飲めば良いのかとは一切話がありませんでした。
1袋空いたところで良いかと思い、サプリメントを飲むのは止めました。
けれども、妊娠中期から授乳中も葉酸が必要だという話を聞いて、再開したのです。
現在の日本で、先天性奇形の子供がどのくらい生まれているかというと出生数に対して、およそ4%です。
奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、奇形の防止に効果が認められるビタミンと言えばビタミンMとも言われる葉酸です。
赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、妊娠している女性には、葉酸が必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても決して言いすぎではありません。